儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

身の毛もよだつ廃医院

世間一般的に変わり者と思われている廃墟マニアにも、二度と訪れたくない廃墟というものが少なからず存在する。

今回訪れた廃医院は、内部に広がる異様な光景から、めでたくリスト入りを果たした廃墟である。

不確定な廃医院情報

廃医院らしきものがあるとの情報を受け現地を訪れた。悪天候も相俟あいまって不気味な雰囲気が漂っている。

グーグルマップのストリートビューが通っていなかったため確信を持てずにいたが、確かに普通の廃屋ではなさそうだ。

受付と投薬口

玄関を入ってすぐに小窓が見えた。どうやら廃医院の情報は正しかったようだ。

受付の裏側を覗いてみると大きな薬品棚が残っていた。薬瓶も残っていれば素晴らしい画になっただろう。

恐怖の始まり

レントゲン室の扉

先へ進んでいくと、いやが応でも目にすることになる不気味な扉。目を凝らすと扉の至る所に「神」の文字が刻まれている。
見てはいけないものを見た気分だ。

隣の部屋を覗いてみると妙に生活感がある。少し前まで誰かが生活していたかのようで気味が悪い。

手の届かない天井付近にも「神」の文字が見える。
精神疾患を抱えていたのか、魔除けの一種なのか謎は深まるばかり。

試験室の扉

早く出なければと思いつつも、好奇心が勝り奥へと進む。すると試験室の扉が見えてきた。嫌な光景が広がっていそうで、扉を開ける気にもならない。

再度、不気味な扉の前を通り外へ出ると雨が降っていた。

ようやく恐怖から解放された喜びで、陰気な雨すら清々しく思えた。

廃墟評価

廃墟退廃美C
到達難易度C
廃墟残留物B
崩壊危険度B
廃墟化年数B

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。