儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

微笑む少女の廃医院

廃医院の情報を入手し、かつて宿場町として栄えたとある地を訪れた。

市制執行により市となった現在も、武家屋敷を始めとする古い町並みが残り、ぶらぶらと歩くだけでも面白そうだ。

繁茂した木々

住宅が立ち並ぶ、小路こうじ一角いっかくに残る廃医院。繁茂はんもした木々が、閉院からの時間の経過を物語っている。

受付

開業は明治にまで遡り、親子2代にわたって診療を行っていたという。

受付に残る「優生保護法指定医師」のプレートは、産婦人科の医院であったことを示すものだ。

受付裏側

受付の裏側は散らかっている。

2階へ上がる階段が崩れかけている。降りる時に踏み抜きそうだ。

不安を感じながら何とか2階へ。奥の窓枠が外れ、隣接するビルから丸見えになっているため注意が必要である。

病室

2階には病室が並んでいる。出産を控えた妊婦が入院していたのだろう。
レトロなテレビに時代を感じずにはいられない。

診察室

診察室は当時の状態を留めている。立地が幸いし、派手に荒らされることは無いようだ。

内診台

子宮の状態などを確認する際に使用される内診台。男性には縁が無い代物である。

単灯式無影灯

手術室

手術室には「シャリテイク」と呼ばれる単灯式の無影灯むえいとうが残っている。
フランスやドイツからの輸入に頼っていた無影灯であったが、昭和5年1930に国内でも無影灯の製造が始まり広く普及するようになった。

無影灯とはその名の通り「影の無い照明」であり、単灯式の無影灯は中央の電灯の光をミラーで乱反射させ、患部に生じる影を打ち消す仕組みとなっている。

保育器

手術室の隅へと追いやられた保育器。愛嬌のある形が廃墟マニアに人気だ。

分娩室

多くの命が誕生したであろうこの分娩室にも、崩壊の魔の手が迫っている。

壁にはキラキラとした少女の笑顔が眩しいカレンダー。薄暗い分娩室を明るく照らすように、いつまでも微笑み続けていた。

廃墟評価

廃墟退廃美A
到達難易度B
廃墟残留物A
崩壊危険度B
廃墟化年数B

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。