儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

スパガーデン湯~とぴあ

スパガーデン~とぴあは、青森県大鰐町おおわにまちに位置する廃リゾート施設である。

温泉とスキーの町として発展を遂げてきた大鰐町。開湯800年の歴史を誇る大鰐温泉は「津軽つがるの奥座敷」と称され、古くから親しまれてきた。

町に残る負の遺産

スパガーデン湯~とぴあ

昭和62年1987、観光産業の振興と地域経済の活性化を目的とする「総合保養地域整備法」通称「リゾート法」が施行しこうされ、日本全国で盛んに開発事業が行われた。

リゾート法の施行を機に、大鰐町も開発業者などと第三セクターを設立し、大規模な開発事業を進めた。そして昭和64年1989、巨大リゾート施設「スパガーデン湯~とぴあ」が満をしてオープンし、多くの利用客が大鰐町に押し寄せた。この時点では、誰もが大鰐町の開発事業は成功を収めたと思っていた。

しかし突如訪れたバブル崩壊によって、湯~とぴあの客足は急激に遠のいていく。そして7年後の平成8年1996、設備の修繕を名目に一時休業となり、その後営業が再開されることは無かった。

チケット売場

湯~とぴあの閉業後、大鰐町は100億円もの莫大ばくだいな借金を肩代わりすることとなる。平成21年2009には財政破綻寸前の「早期健全化団体」に指定され、大鰐町はいつしか「借金の町」と呼ばれるようになっていた。

その後の財政状況の改善により大鰐町の健全化は完了したが、現在も莫大な借金は残ったままである。

サーフプール

そんな小さな町に残る巨大な廃墟が、今回の舞台という訳だ。早速さっそく見応えのある施設を見て行こう。

これはサーフプールと呼ばれるもので、人工的に波を作り出すプールである。長い年月をて、波打ち際には植物が生えてしまっている。

ランディングハウス

除雪ドーザ

サーフプールを抜け、ランディングハウスと呼ばれる建物へ。

売店前は除雪ドーザの置き場と化している。一体何処からこれを入れたのか謎である。

洗眼器

かつて学校のプールなどで見かけていた洗眼器。上向きに付けられた蛇口で洗眼を行うものだ。

水道水での洗眼が角膜に悪影響を与えることが明らかとなり、プールから姿を消した。

ランディングハウスの中には、丸々ウォータースライダーが入っている。

プールに溜まった水がとんでもない色になっている。大金を積まれても入りたくないレベルだ。

ウォータースライダーに目立った亀裂は無く、しっかりと清掃を行えば使用出来るかもしれない。

ランディングハウス

まるで夜の水田のように、蛙の声がせわしく響いている。

外へ繋がるウォータースライダーから、下のプールへ雨水が供給されているようだ。

連絡通路

連絡通路を通り上へと進んで行く。両面ガラス張りで子供はワクワクするだろう。

スプラッシュキャニオン

スプラッシュキャニオンのスタート地点に辿り着いた。ここからゴムボートに乗って、先程のランディングハウスまで滑っていく流れだ。

首や手首を切らないように、割れたガラスを慎重にくぐり先へと進む。

ここを抜ければ、待ちに待った屋内プールが見えてくる。長い道程みちのりであった。

屋内プール

屋内プールへようやく辿り着いた。たまらず階段を駆け上がる。

屋内プール

大迫力の光景に言葉が出ない。全面ガラス張りのドームから見える青空が眩しい。

ガラス片が散乱し、ドーム内は足の踏み場も無い。黒くなっているガラス片は落下してから時間が経過しているもので、透明なガラス片は落下してから間もないものだ。

頭上を見上げると、氷柱つららのように垂れ下がったガラス片が目に入る。いつ落下してくるか気が気でない。

日焼けマシン

並べられた日焼けマシン。センスの無い落書きは勘弁して欲しい。

バブルは改めてすごい時代であったと感じさせられる。

まだ落下して間もない透明度だ。この厚さのガラス片が頭に当たれば、最悪死に至る。

それにしても巨大なプールだ。かつての賑わいが目に浮かぶ。

木々がすくすく成長している。いずれは森のようになるのだろうか。

監視台

誰もいなくなったプールを監視し続けている。

水没して長靴が無ければ進めないエリアがあり、全ての施設を見て回ることは出来なかった。

令和元年2019、大鰐町が湯~とぴあの解体を検討しているというニュースが流れた※1。その後の続報は耳に入っていないが、町民から解体を望む声が多いことは容易に想像が付く。

忌まわしき負の遺産が町に鎮座する限り、大鰐町の悪夢が覚めることは無いのだ。

廃墟評価

廃墟退廃美S
到達難易度C
廃墟残留物B
崩壊危険度A
廃墟化年数B

廃墟評価の詳細はこちら

脚注

※1^ 【大鰐町が「湯~とぴあ」解体撤去検討 | 陸奥新報】
“大鰐町は22日、バブル期の開発失敗により廃業し、建物が放置されたままとなっているリゾート施設・旧「スパガーデン湯~とぴあ」について、老朽化が進む施設内にあるドームの解体撤去を検討していることを明らかにした”
https://mutsushimpo.com/news/zsqjdr1v/

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。