儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

琥珀色の廃医院

記憶に新しい九州北部豪雨など、過去に幾多の水害に見舞われた地区に残る廃医院。

診療科目は聞き慣れない全科。
何でも診てくれる地域密着型の医院ということだろうか。

満身創痍

建物は非常に古く、いつ倒壊してもおかしくない。よくこの状態で川の氾濫はんらんに耐えられたものだ。

流れ込んだ木や泥が堆積している。復興の手が及ばない廃墟には、水害の爪痕が生々しく残ったままだ。

台所

古き良き日本の台所といった感じだ。ここにも泥が堆積している。

泥だらけの内部

診察室

物置のようになった部屋の隅に診察台のようなものが見える。

薬局

受付の裏側にあたる薬局。薬品の種類が豊富だが、道路に面しているため深入りは出来ない。

手術室にはレトロな電傘。年季が入った手術器具がそのままになっている。

薬袋

処方された薬を入れるための薬袋やくたい
廃医院で必ず探す残留物で、廃医院の正式名称や大体の診療時期などがわかる。

束ねられたカルテなどの大量の書類は、地域住民に信頼され診療を続けていた証でもある。

手術室

手術室の壁をよく見ると薄い線が残っている。濁流が流れ込み、大人の腰の高さまで水位が上がったことを示している。

厳しい暑さで夏バテ気味の日々。満身創痍まんしんそういで踏ん張る廃医院から、少しだけ元気を貰えた気がした。

廃墟評価

廃墟退廃美A
到達難易度B
廃墟残留物A
崩壊危険度B
廃墟化年数B

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。