儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

葛川小学校神下分校

葛川くずがわ小学校神下こうか分校は、十津川村とつかわむら大渡集落に位置する廃校である。

創立は明治5年1872。校名を幾度となく改称し、昭和32年1957に現在地に新築移築。昭和42年1967に閉校となった。

最寄りのバス停

大渡バス停

廃校から程近い場所に位置するバス停。周辺に人の気配は全くないが、利用者はいるのだろうか。

時刻表

辺鄙へんぴな場所にありながら、バスの本数は思いのほか多いような気がする。

石碑

バス停から徒歩3分程で廃校へ到着した。石碑が植物に覆われようとしている。

葛川幼児教室

葛川小学校神下分校

校舎は比較的綺麗な状態で残っており、非常に美しい。何かしら再利用されているのかと思うほどだ。

くずがわようじきょうしつ

扉には「くずがわようじきょうしつ」の文字。閉校後は幼児教室へ転用されていたようだが、現在は使用されていない。

小窓

郵便物の受け渡しを行う小窓だろうか。あまり見かけたことが無い。

滑り台

小さな校庭で遊具が錆び付いている。

黒電話

小窓の裏側には時代を感じる黒電話。小窓から蚊が入ってくるため、非常に鬱陶しい。

これは上皇上皇后両陛下のご成婚の写真だろうか。廃校で朽ちるままというのは気が引ける。

下駄箱

下駄箱には、幼児用の上履きやスリッパが残っている。

教室

かつての教室部分へ。2部屋あった教室の壁を取り払い、大きな教室として利用していたようだ。
床が脆くなり危険なため、中へ入ることは出来ない。

幼児教室で使用されていた玩具が散らばっている。

元気な笑い声が溢れていた教室。今となっては、床の軋む音だけが寂しく響くだけだ。

廃墟評価

廃墟退廃美B
到達難易度A
廃墟残留物B
崩壊危険度B
廃墟化年数A

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。