儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

砂子又小中学校

砂子又すなごまた小中学校は、青森県下北郡しもきたぐん東通村ひがしどおりむらに位置する廃校である。

東通村は少子化による生徒数減少にともない、平成17年2005から平成21年2009にかけて、村内全ての16校もの小学校を1校へと統合した※1。そのため、村内には多くの廃校があふれ返っている。

錆びたトタン屋根

砂子又小中学校

創立は明治12年1879と大変長い歴史を持ち、現在の校舎は昭和27年1952に建てられたものである。

長年の雨や雪によってトタン屋根は錆び付き、外壁は傷んでいる。積雪によって倒壊する校舎がある中、砂子又小中学校の校舎はしっかりと原形を保っている。

廊下

校舎内は非常に薄暗い。廊下のきしむ音と足音が響いている。

てるてる坊主

前日まで雨が降っていたが、廃校の訪問に合わせるように晴れてくれた。きっと誰かが作った、てるてる坊主のおかげだろう。

東北地方の廃校では割と見られるが、廊下と講堂が直接繋がる造りは、私自身あまり馴染みが無い。

講堂

講堂の床が腐り、貼られていたビニールテープが浮いている。

保健室

砂子又小中学校は、青森県で最初に足を運ぶ廃校と決めていた。理由は後述こうじゅつする。

眠る人体模型

人体模型

黴臭かびくさい保健室で眠りにつく人体模型。何度も写真で見た光景が、目の前に広がっている。

テレビで見る大好きな有名人にようやく会えた。今の私はそんな気持ちだ。

人体模型のパーツが、窓際で日向ぼっこをしている。

砂子又小中学校への訪問を、焦っていたのには理由がある。統合によって誕生した多くの廃校は老朽化が進み、景観の悪化や安全性の低下をもたらしていた。そこで、東通村は「東通村廃校舎等解体事業計画」※2を策定し、廃校を含めた廃墟の解体を進めていたのだ。

帰り際に見かけた、ありきたりな黒板のメッセージが妙に心に染みたのは、これが最初で最後の訪問になると察していたからだろう。更地となった校舎の写真を、こうして見返していると目頭が熱くなる。

さようなら、砂子又小中学校。

廃墟評価

廃墟退廃美A
到達難易度C
廃墟残留物B
崩壊危険度B
廃墟化年数C

廃墟評価の詳細はこちら

脚注

※1^ 大利目名めな石持いしもち鹿橋ししぱし蒲野沢がまのさわ・入口・野牛・岩屋・田屋・石上・砂子又・尻屋・尻労しつかり・小田野沢・老部ろうぶ白糠しらぬかの16校を統合し、東通小学校が開校した。

※2^ 【東通村廃校舎等解体事業計画-東通村】
http://www.vill.higashidoori.lg.jp/machisei/page000036.html

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。