儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

山崎診療所は、高知県南国市なんこくしに位置する廃診療所である。

ちなみに、南国市は「なんごくし」ではなく「なんこくし」が正しい読み方である。

領石第一バス停

山崎診療所

惚れ惚れする佇まいの山崎診療所。夏は葉が生い茂り、更に美しい姿を見せてくれるだろう。

医籍録によると診療科目は内科と小児科で、昭和35年196012月に開業した。

領石第一バス停

廃診療所の前には、領石りょうせき第一バス停がある。

廃墟マニアにとっては最高のロケーションだ。いくらでもバスを待っていられる。

扉が強引に破壊されている。

受付投薬口

私が好きな形の受付と投薬口の小窓が二つ。

高血壓治療器

鍵付きの箱には「ヱフゲン弗素ふっそ療法 高血壓こうけつあつ治療器」と書かれている。年代物の医療機器である。

カルテ棚

隠すように押し込められた診療所の残留物は、数える程度しか残っていない。

ポツンと残る丸椅子。古い建物の上げ下げ窓が私は大好きだ。

上げ下げ窓が残る一方で、アルミサッシに交換されている箇所もある。

この和室は崩壊が進み、立ち入ることが出来ない。

半地下の倉庫のような場所には、日用品が押し込められている。

外観以外はあまり見所が無い廃診療所であったが、最近解体されたという情報が耳に入った。どのような廃墟であっても、解体されるとやはり寂しく残念に思うものだ。

廃墟評価

廃墟退廃美B
到達難易度C
廃墟残留物C
崩壊危険度B
廃墟化年数B

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。