儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

伊吹高原ホテル

伊吹高原いぶきこうげんホテルは、滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山の三合目に位置する廃ホテルである。

特に興味があった訳では無いが、隣接する「伊吹山ゴンドラ」のついでに立ち寄った。

伊吹山スキー場

伊吹高原ホテル

かつて伊吹山に存在した「伊吹山スキー場」は、複数のリフトを備えた大規模なスキー場であった。しかし、営業不振により平成17年2005に閉鎖となる。

同年、宿泊客の需要が見込めなくなった伊吹高原ホテルも閉業となった。

壁に描かれたヒトラーのグラフィティ。隣の謎の生き物が気になる。

入口

入口はウェルカム状態であったが、他の廃ホテルと比べると荒らされた形跡があまり無い。

ここは伊吹山の三合目。わざわざ登山をしてまで、廃墟を荒らす物好きは居ないというわけだ。

キャッシャー

キャッシャー周辺にはパンフレットや鍵が残っている。

おおきに亭

食堂はスキーヤーやスノーボーダーで、大いに賑わっていたことだろう。

黒焦げになったおわん。廃墟での火遊びは火災に繋がりやすく危険だ。

厨房

天井が人為的に破壊されているように見える。金属泥棒の仕業だろうか。

ここにも何故かヒトラーのグラフィティ。

厨房を進んで行くと、ファミレスのような空間に出た。

オペレーティングルーム

スタッフ専用のオペレーティングルームと書かれている。しかし、オペレーティングルームとは一体何なのだろうか。一般的には手術室を指すが、私が居るのは廃ホテルだ。

売店

売店はもぬけの殻となっている。

廊下

2階の客室へやって来た。天井から縄梯子が垂れ下がっている。

客室

清掃をすればすぐにでも使用出来そうだが、廃墟としては面白くない。

客室を後にして大浴場へ向かう。廃ホテルで楽しみにしているポイントの一つである。

全く荒らされることなく、当時の状態が綺麗に保たれている。

大浴場

大浴場と呼ぶにはいささか狭い。植物が這った窓が非常に美しい。

1階へ戻ってきた。最後に楽しみにしていたバーを見ていこう。

バー

バー周辺はやや荒れている。

開放感のある窓際の席。残念ながら天気はあまり良くない。

メニュー表

酒にうとい私は、メニューを見てもピンと来ない。

ジョッキに溜まった水の中で、元気に藻が育っている。

ボード

色鮮やかなグラフィティと苔生こけむした床。今にも滑り出しそうなボードがになっている。

伊吹高原ホテルの探索はそろそろこの辺にして、本命ほんめいである伊吹山ゴンドラへ向かおう。

廃墟評価

廃墟退廃美B
到達難易度A
廃墟残留物B
崩壊危険度C
廃墟化年数C

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。