儚く美しい廃墟の世界を紹介するサイト。廃景へようこそ!

善宝寺鉄道記念館

かつて、鶴岡駅から湯野浜温泉駅間の12.3kmを結んでいた庄内交通湯野浜線。

最盛期には、善寳寺ぜんぽうじの参拝客や湯野浜温泉の観光客で賑わいを見せたが、自動車の普及により利用客数は減少。昭和50年1975、湯野浜線は廃線となった。

善宝寺駅

善宝寺鉄道記念館

鶴岡駅から数えて5つ目の駅にあたる善宝寺駅。立派な駅舎は、目の前に位置する善寳寺をモデルとしている。

湯野浜線の廃線に伴い、善宝寺駅は廃止となった。しかし、3年後の昭和53年1978、善宝寺駅は駅舎を再利用した展示施設「善宝寺鉄道記念館」として生まれ変わる。当時、湯野浜線の資料や保存車両を展示していた。

入口から既に展示されていた車両が見えている。なんてワクワクする眺めだろうか。

庄内交通モハ3形

庄内交通モハ3形

順風満帆じゅんぷうまんぱんに思えた善宝寺鉄道記念館であったが、駅舎の老朽化や入場者数の減少により、平成11年1999に再び閉館となる。開館から21年、2度目の悲劇であった。

閉館から雨曝あまざらしのままの車両は、取り返しがつかないほどいたんでいる。一度は保存が決まり、大切に扱われていただけに非常に残念である。

案内板

駅名標を模した案内板がある。小さな遊び心は非常に喜ばれたことだろう。

ホームに車両がそのまま残っている廃駅は、全国的に見ても非常に珍しい。流石さすがは有名廃墟といったところか。

車両内部には入れないと思っていたが、ドアが外れている。これは嬉しい誤算だ。

車両内部へ。車掌さんへ挨拶をしてみたが、見向きもされない。

車両内部

吊革や座席が営業当時のまま残っている。

朽ちた車両というものは、やはり素晴らしい。小さな閉鎖空間に、廃墟が持つ美しさが凝縮されている。

どこからか視線を感じる。車両後方にも誰かがいるようだ。

これは心臓に悪い。

動輪

ホームに蒸気機関車の動輪が展示されているが、動輪だけを見てもいまいちピンと来ない。

ホームに残る待合室のような建物。施錠されていたため、中を見ることは出来なかった。

車両側面に「モハ3」の文字が見える。それにしても錆が酷い。

令和4年2022、湯野浜線で唯一ゆいいつ残っていた駅舎の解体工事が行われた。これにより、湯野浜線の駅舎全てが姿を消したこととなる。ホームに残された車両の解体は、現時点では未定である。

かつての湯野浜線の存在を証明するものは、今や残された車両だけとなってしまった。

廃墟評価

廃墟退廃美S
到達難易度C
廃墟残留物A
崩壊危険度C
廃墟化年数B

廃墟評価の詳細はこちら

>身近にある廃墟を探しています。

身近にある廃墟を探しています。

廃墟は一般的な観光地とは違い、詳細な情報が公表されているものではございません。廃墟の場所の特定には莫大な労力と時間がかかるものです。インターネットでの情報収集、古い書籍の閲覧、グーグルマップの航空写真などを利用し、日々廃墟の特定に精を出しておりますが、私一人では限界がございます。常に解体や自然倒壊の危機に晒されている廃墟には、残された時間がありません。
そこで皆様の力をお借りしたいと考えております。身近にある廃墟や旅先で見つけた廃墟、噂で聞いた廃墟など、どんなに些細な情報でも構いません。場所やジャンルを問わず歓迎致します。廃墟マニアの方からの情報交換や、気になっている廃墟の調査依頼なども歓迎致します。皆様からの情報提供を心よりお待ちしております。